長い動力腕時計モデルのは方法を順次伝えます

今、長い動力は実はすでに機能を代表していただけではなくて、同時に時計未来発展傾向が体現しているで、コピー時計開発過程中で、表を作成する大家はもっと多い新しい問題を解決するに行くだけではなくて、最新科学技術と材料に使いをもっと必要として、だから長い動力腕時計もそれぞれ大きいブランド実力を研究開発する標識です。そこで、今それぞれ大きいブランドはすべて動力を貯蓄してだんだん重要になる位置に置いて、どように腕時計動力を増加するため上で考えを使い尽くします。まるであなた動力はあまり長くなくて、あまり流行しません。今日私達はみんなために何モデルすぐ最も赤い何モデル長い動力時計を紹介します。
必ず並列接続モデルがあるでしょう直列モデルがあります。並列接続モデルはいわゆる2つぜんまい箱は同時に働いて捕らえてシステムを跳躍するに駆動しに来ます。それぞれに緩慢で平均している釈放動力。2つぜんまい箱動力になってすべて全く釈放した後につける者タイムリーな上條が必要です。こようなモデル向かい合う直列最大よいところ、とても大きい誤差があることはでき(ありえ)ないです。しかし同時に同時に駆動していてを捕らえる2つぜんまい箱があるため、だからすべてぜんまい箱は釈放する力がお互いに平均しているをしかもお互いに牽制するが調和するが必要でした。大幅にぜんまい箱内でぜんまい所発生することができる動力持続時間を延長することができません。だからこような方法ブランドをとって指折り数えるほどわずかです。

1は1モデルを持ちます
こようなモデルは実は間接的なが方法を順次伝えるで、実は名前自身から言って理解しやすくて、そ動作原理は1つ目ぜんまい箱内ぜんまい発生した動力から2つ目ぜんまい箱に駆動するに行くで、それからまた2つ目ぜんまい箱内ぜんまいで捕らえてシステムを跳躍するに駆動するに行きます。理論上から言って、これは比較的理想的な多いぜんまい箱駆動モデルで、歯数比を通して学校を加減することができるため、2つぜんまい箱各自回転速度とぜんまいパワーテークオフ時間を調整して累計しに来て、それによってぜんまい箱内でおなじな長さぜんまいパワーテークオフ時間を延長します。しかしこような1つぜんまい箱からそ他に1つぜんまい箱構造を動かして、上述に2種類勝りますが、しかし同様に問題が存在していてやはり(それとも)ぜんまいが第一端端とを釈放してそほかに安定性は、依然としてロング動力を提供しないことができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です