Hublot腕時計非常に優れている見解

“私は高級時計コピーに接触するが1999―2000年でべきなことを始めて、私はそ時一本雑誌編集主幹で、通は向こうへ行って展を表して、多く本を読んで、1段時計を研究したことがあります。私は時計はあなたがとても大きい金銭を投じない限りと思って、1買ってただ意味を代表するあるいは値上がりする潜在力腕時計があって、そうでなければ時計収集に対して意味がないで、個人が好きなでない限り、もしも言う意味に投資するとして大きくなかったら、基本的に相場はあるが取引はないです。一方時計はまた市場と互いに関連して、スイス時計が有名ですが、しかし西洋人時計に対する理解、国民と同じではなくてで、国民は人マーケティングに従って行ったで、マーケティング左右に、しかし西洋人はそうではありません。だから私はただ時計だけを買って、しかし時計を収集しません。”

“私が時計を買うはまずブランドを考慮するで、私はそ歴史を見て、第2はこ時計とあなたが縁があるかを見て、顔つきがどうですか、それが好きなではありませんか、あなた身分、と融合ではありませんかと感じて、私は比較的レジャーなことが好きで、スポーツ、流行する腕時計、だから私は多く匹Hublot(ウブロ)があって、私はまずたいへんウブロ店主Jean―ClaudeBiver(―クロード・に弗に比べて)が好きで、彼個性は私はとても鑑賞して、特徴は気が狂っているで、彼一回講演がテーブルをたたいていることができてとても長いと言って、そ上ずっとテーブルをたたいていて、彼がウブロ接収管理する後から、とても短い時間を使って、ウブロ世界有名なトップクラス腕時計ブランドになりました。そ他に、そ広告用語は私もとても“明らかにが会わない”が好きで、腕時計はそ上、男らしくて勇ましく針に見えない角があって、こようないわゆる地味で派手な感覚は私とたいへん掛けます。そほかに私1人パートナーもと弗兄弟たちではないに比べて隣近所(人)で、もともと弗家でないに比べて訪問するに行くで、しかし様々な原因が行けていないため。”

“ウブロを除いて、私はまた(まだ)比較的あような個人注文して作らせる時計が好きで、奇怪な時計、しかしとても良い知っている人を表すが多くありません。こRomainJeromeに似ていて、これはTitanic(タイタニック)シリーズで、タイタニック号上から取って来る鋼鉄で製造したで、こ時計ストーリは私を引きつけて、そ上こ時計大きい多く人は知らないで、だから時計を買って好きだ、気性に対して、また穴がある縁、投資を考慮する必要はありません。あなたが今多く米国大きい富豪がいるを見てすぐ1匹小さい電子時計をつけて、それも実は範で、私はそれが本当に自覚だと感じて、本当に自由、私は人が生きていて受けるがでたらめなことができると思って、しかし人が生きていてでたらめな中で生きるができません。もしもあるは同様に物事だに対してあまりにも謎をとるがでたらめな中で生活するでした。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です