ブランドバッグ加工技術と常用する用語

1    反対車
2枚物ヘロイン向かい側を合わせてながら、合わせるを指して、求める子口幅によって2台スキップをいっしょにいます。
2    反対車はオン・ラインになります
反対車後で2枚材料を別れて、物推測する正面で両側車線を縫い合わせて、普通は離れて0.75分を縫い合わせます。
3    車サイドライン
普通は物が油(脂)辺あるいはヘムを推測する後で、ばらばらな口もあります。辺まで約0.75分に車線につきあっています。
4    車両線
普通は前に袋口あるいは赤い絹ベールあるいは手は場所を引いて、主に飾る効果を発揮して、2本線に平行するように求めます。
5    角を打ちます
普通は袋底双方でと前で袋下隅所反対車です。袋口双方に手をはさんで引いて角方法を打つようにもあります。多く中に袋も採用して打ちます
角方法。テーブル上が角を打つは赤い絹ベールあるいは手が引いてそ他補助材料バックポーチ補助材料へりヘムを頼むと推測するで、曲がり角所をして称して角を打ちます。
6    衣服胸前部分線
普通は面スキップ線で、時には車は1里布をも着て、多く効果を飾るです。
7    車鎖窓
プルヘッドファスナーをちゃんと着るを里車窓物材料をよく開くあるいは中に布上でつるしと、時にはテーブル上を先にりでとてもまた車にくっつかせも。
8    1里袋を埋めます
全部で里反対車を、時にはまた(まだ)あわせ中で角を打ちと格を含みます
。必要に応じて時には口を残さなければならなくて、袋がひっくり返ります。
9    骨を下ろします
骨を引き延ばすとも言って、あるいはうまく包むでしょう辺骨が前後で袋底が固定的なは枚あるいは、頭あるいは袋がいちばん行きを横たえます。
10  縁取り
物推測するへりを縁取りで包みに推測します。縁取りがある外に縁取りと中側も包む辺、普通な縁取り方法以外、単回口がまだあって、両回口はと縁取りなど方法に反対します。普通は馬車を使ってようやく完成することができます。
11  袋を埋めます
普通は全部で枚とを囲むで、あるいは大きいからだを頭を横たえると車方法に反対して縫い合わせ始めます。袋底を埋めるもあって、袋を埋めて突いて、
馬車と小さい口馬車をよく使って完成します。
12    袋口をかぶせます
外袋と中で袋袋口へりをそれに対して、またそ車をいっしょにいます。時にはテーブル上に先にりあるいは両面接着とてもまた車を使うように求めます。普通は馬車と小さい口馬車を使います。
13    手を包んで引きます
綿芯を包むとも言います。手で引いて綿芯をうまく包んでまた車に相当すると推測します。普通は馬車、役に立つ柱車を使います。
14    側板を掛けます
掛けて頭を横たえるとも言います。大きいからだを側片上に置いて半分明日縫う方法車で縫い合わせるです。普通は柱車を使ってようやく完成することができます。
15    袋底を掛けます
いくつか比較的特別な袋があって、先に袋口をしっかりと行ってまた袋底をしなければならなくて、柱車でようやく完成することができます。
16    ヘム
物推測するへりがりをこすってあるいは両面テープを引き延ばす、それから内で、に折れて時にはあるいは物に折れることができるためにとても柔らかい通常がヘム人が加えるにそ他補助材料を頼むと推測します。
17    辺を修理します
普通だ縁取り前に、車にせ線子口はもしもとても幅あるいは物は縫代時があると推測して、はさみでいくつか切り取って、それによって縁取り時にしっかり包みます
うそ線。
18    ラミネートします
1枚材料が全くりをこすらなければならない時、ゴム機械を使ってラミネートします。役に立つゴム銃は白いゴムを噴き出します。
19    ゴム通を着ます
普通は手で肩紐あるいは俐子など油(脂)良い辺後であるいは、を引くで、辺油汚れが汚いを防止するために1条透明なゴム袋をかぶせます。
20    書き付け保護膜
普通だ金属が色落ちするかさびてそれを一層透明なプラスチック薄い膜で書き付けに包みを防止するために。時には同じく使って紙をコピーします。1つ袋上に時には推測する数種類色物があって、染色するを防止するため、それを包まなければなりません。
21    油(脂)辺
物推測するへりを専用皮辺油(脂)で覆い始めて、常用する労働者1芸処理方式です。普通は油(脂)を2度要して、あるブリーフケースは甚だしきに至っては油(脂)3~4回を要して、そ間はまた(まだ)専用機械でへりを磨き上げて、必要な効果に達します。
22    皮をすくいます
皮をすくって2種類に分けて、大にすくわせがいて、全部塊を必要な厚さまで(に)すくいに推測するです。工場すくう皮が普通なは推測するへりをすくうで、物によって異なると推測して、すくった幅と厚さも違う所があります。あるも材料を頼むが皮機械をすくってへりをすくいを使わなければならない薄くて、たとえば袋底にある様々なゴムを頼んであるいは力ゴムなどに帰ります。

One Reply to “ブランドバッグ加工技術と常用する用語”

  1. ハンドバッグの人気ブランドランキング!今人気があるブランドをカテゴリ別にランキング から比較して探すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です